ウォーターサーバー水道直結はレンタル費用だけで使い放題

ウォーターサーバーを水道直結にして、費用高すぎ、レンタル料金見直し、故障修理の無料化、古くなった機種の交換など、困った悩み・不満は全て解決。水道直結のウォーターサーバーを選ぶメリットや宅配との比較、おすすめ機種もランキングで紹介。

ウォーターサーバーを水道直結にして、費用高すぎ、レンタル料金見直し、故障修理の無料化、古くなった機種の交換など、困った悩み・不満は全て解決。水道直結のウォーターサーバーを選ぶメリットや宅配との比較、おすすめ機種もランキングで紹介。

レンタル費用は水道直結ウォーターサーバーなら宅配の半分以下

ウォーターサーバーと言えば天然水の宅配が定番。しかし、解約も多いと聞きます。

・本体のレンタル無料に釣られて契約した
・請求が思った以上に高額だった
・天然水の残量が気になってたくさん使えない
・ボトル交換が予想以上に重くてツライ
・はっきり言って味の良さがわからない
・キッチン周りが狭くなった

など、様々な解約理由があることがわかりました。また、故障した給湯器、古く錆びた冷水機などに代って、天然水ウォーターサーバーに切り替えを検討しても予算が見合わないケースも。

そんなときは、水道直結ウォーターサーバーがおすすめです。

一般的に、ウォーターサーバーには、これだけの費用負担が生じます。

【毎月負担分】
・水の購入料金
・ウォーターサーバー本体の月額利用費用
・電気料金

【一時的な負担分】
・初期費用(設置工事、配管工事、電気工事、運搬など)
・定期メンテナンス
・解約費用
・解約時のウォーターサーバー撤去費用
・工事の際の不足部品費用
・引っ越しなどに伴う移設費用

毎月必要な費用と一時的に必要な費用があり、これらをまとめて「レンタル」と称しています。尚、毎月の負担費用の大半は、水の購入料金とウォーターサーバー本体のレンタル料金ですから、この2つの項目が安いとお得になるわけです。

しかし、天然水は従量課金制で使えば使うほど費用負担は大きくなります。単価が安くても、24リットル分は毎月購入義務が発生するなど、契約条件次第で安くないメーカーもあります。従量課金制ほど高いものはありません。

水道直結のウォーターサーバーなら、たくさん使っても毎月のウォーターサーバー費用は、ほぼ変わらないのです。天然水の購入は不要で、月額固定のレンタル料金のみ。水道直結と定期宅配の比較がコチラ。

比較表 夫婦世帯 家族世帯 二世帯
家族構成 大人2人のみ 大人2人と子2人 大人4人と子2人
消費量目安 平均 36リットル 平均 48リットル 平均 72リットル
A 定期宅配 購入費用 3,888 5,184 7,776
レンタル 1,620
定期宅配 5,508 6,804 9,396
B 水道直結 水道料金 77.5 121.5 142
レンタル 3,780
水道直結 3,858 3,902 3,922

※水道料金は福岡市水道局より2ヶ月分を1ヶ月分に表示。金額の単位は円、表示は税込み。小数点以下は四捨五入。
※用途は飲用で計算。料理の下ごしらえ等に使うなら2倍を目安に。

定期宅配は誰もが知っている有名ウォーターサーバー。無料体験もあり一番売れているとも言われているウォーターサーバーメーカーです。水道直結は、今、一番人気のウォーターサーバーを例にしています。
単純に12ヶ月分を計算すると年間費用が出ます。契約期間3年間で、負担金額に想像以上の差が出ます。ウォーターサーバーレンタルが原因で家計へのシワ寄せを防ぎましょう。

水道直結のウォーターサーバーの費用対効果については、一般の家庭よりも施設の方が顕著です。実際に聞いた話ですが、複数の支店を持つ会社は、全てウォーターサーバーを水道直結型に切り替えた結果、年間費用が約70万円も安くなる節約効果が出たそうです。一般家庭でも比較表から年間数万円の費用節約も不可能ではありません。水道直結ウォーターサーバーの安さの秘密は定額制にあります。

しかし、ウォーターサーバーは、長く使うことが出来る電化製品なので、ずるずると月額料金を支払い続けてしまうリスクも生じます。そこで、ある程度の年数の使用が見込まれるのなら、買取が費用負担の面で節約になる事も水道直結ウォーターサーバーの利点です。その一例として、楽水ウォーターサーバーを紹介します。

>>> 水道直結式 楽水ウォーターサーバー 詳細 <<<  

ウォーターサーバー水道直結の安い順ランキング

ウォーターサーバーは水道直結の方が、毎月の費用が有利である事を比較表で示しました。更にレンタルがお得な場合と、買取がお得な場合があります。一定期間以上、使用するのではあれば、買取が有利になります。長くレンタルしているなら、既に買取出来る金額以上を払っている可能性もあるかもしれませんよ。

水道直結ウォーターサーバーは、今のところ商品が少ないですが、徐々に水道直結も認知度が高まり注目が集まっています。古くなった冷水機や給湯器の代わりに、水道直結のウォーターサーバーをレンタルまたは買取する施設が増えています。水道直結ウォーターサーバーが、冷水機、給湯器、浄水器と1台で3つの役目を果たせるからです。

今、レンタル、買取が安い水道直結型ウォーターサーバーのランキングです。

1位 楽水ウォーターサーバー イチオシ

設置月はレンタル費用無料キャンペーン中

4つの料金プランの中から自由に選択できます。格安で楽々分割払い。

場所に合わせて据置型と卓上型、カラーを選べます。

メンテナンス・故障・浄水カートリッジ交換は全てメーカー負担で無料。

レンタル・買取どちらも対応。水道直結工事の不明点はお問合せ。

省エネ
クリーン機能
2位 Cool Qoo (クールクー) 急上昇

期間限定で初期費用18,000円が完全無料!!

交換、レビューキャンペーンあり。お友達紹介でキャッシュバック!

ROろ過とROろ過水素の2コースから選べます。

本製品はレンタルのみ。水道直結工事の不明点はお問合せ。

詳細はコチラ こちら Cool Qoo (クールクー)

ROろ過
製氷機付
3位 Simbi RO (シンビRO) 好評

ヨウ素やセシウムを除去する逆浸透膜システム採用

4本のフィルターで安全・安心。不純物99.999%除去!

最高90℃、最低4℃の水をいつでも飲めます。

本製品は買取のみ。水道直結工事の不明点はお問合せ。

詳細はコチラ こちら シンビRO(Simbi RO)

ROろ過
買取

水道直結だと水道料金を気になさる方がいます。自治体により従量課金体系は違いますが、某政令指定都市を例に挙げると26m3から50m3で156円(2ヶ月)。一般のご家庭は、月30m3から40m3で使用量がおさまるケースが多く、その一部がウォーターサーバーに回ると考えます。あるいは毎日1リットル月に30リットルを水道直結型ウォーターサーバーで使っても、高額になることはありません。

宅配にはないウォーターサーバー水道直結のメリット

ウォーターサーバーの定期宅配と水道直結で迷っている場合、それぞれメリットを比較してみると、どちらを選ぶべきか、より納得しやすくなります。

【水道直結ウォーターサーバーのメリット】
・12リットルボトルの交換作業が不要
・発注ノルマなし
・空ボトルの処分や返送の義務なし
・定額で使い放題なので一人暮らしにも向く
・アパートやマンションでも水を運ぶ必要が無いので置きやすい
・簡単な掃除だけで手入れが済む
・卓上タイプがある
・大人数がいる場所でたくさん使われても定額な料金
・炊飯、料理の下ごしらえなど、いくらでも使える
・浄水するので赤ちゃんのミルクにも使える
・浄水するので常備薬を飲む際にも使える(常温使用可能)
・直結だから自動給水

【宅配ウォーターサーバーのメリット】
・天然水が飲める
・本体のレンタル料金が無料のメーカーもある
・最低発注しかしない場合は水道直結より安くなることもある

メリットだけでも、これだけの違いが出ました。特に水道直結ウォーターサーバーに大きなメリットを感じるのは、使う人や量が多い施設です。施設スタッフにとっても、水道直結型ウォーターサーバーにするとボトル入れ替え作業等の負担はありません。しかも水道直結なので自動で給水しますからウォーターサーバーが勝手に働いてくれます。

更に水道直結のウォーターサーバーは浄水機能が強力です。「残留塩素による独特のニオイ」「トリハロメタンや雑菌などの有害物質」「赤さび、ゴミ、砂などの異物混入」は専用カートリッジにより解決します。定期宅配のウォーターサーバーは、ボトリングの時点ではクリーンですが、ウォーターサーバー本体は不織布一枚程度のフィルターに頼っているのが現状。浄水機能は期待できません。

その他、水道直結ウォーターサーバー特有のタイリッシュでおしゃれなデザイン性は、女性に好まれています。ボトル丸見えのウォーターサーバーに対する不満の声は、独自の調査でも大きな割合を占めました。現代の住宅事情や施設の内装デザインにマッチするのは水道直結型ウォーターサーバーです。構造的に天面フラットなので、コップやコーヒーセットを置くことが出来る点も評判が良いです。ちなみに水道直結したホースはモールで隠すので目立ちません。

水道直結ウォーターサーバーの楽水とCoolQooで比較してみると?

楽水ウォーターサーバーとCoolQooは、同じ水道直結型でありレンタルで迷う方が多いかもしれません。そこで一時費用等を調査した結果、このような違いがありました。比較の補足情報として参考にどうぞ。

CoolQoo
・月額レンタル費用が楽水より700円高い
・支払方法が口座振替の場合、毎月300円
・解約時に商品を撤去するための費用18,000円
・引越等で移設がある場合、撤去、再設置の合計で26,000円
・分岐を伴わないウォーターサーバー本体移動は8,000円
・年に一度の無料メンテナンス以外は18,000円
・直結工事の不足部品は実費負担

【水道直結の楽水
・3年未満で解約なら残り契約月数×レンタル費用の40%を支払う
・ウォーターサーバーの撤去、返送の費用は問い合わせ
・付属分配器具で直結対応できない場合の部品は契約者の実費負担
・レンタル途中から買取に変更は見積もりで支払い金額が判明
・ROはオプション対応
・直結工事の不足部品は実費負担

これらを踏まえて、ウォーターサーバーの故障の修理とメンテナンス、フィルターカートリッジ交換については全てメーカー負担の楽水ウォーターサーバーをおすすめします。
ただ、あくまでも独自見解を元におすすめしている水道直結型ウォーターサーバーですので、再度ランキングをご覧になって、詳細を各メーカーに問い合わせをしてください。

水道直結型ウォーターサーバーランキングをもう一度見る

・ウォーターサーバー楽水はレンタルと買取
・CoolQooはレンタルのみ
・シンビは買取のみ

水道直結ウォーターサーバーの契約方法についても、再度、ご確認ください。

水道直結なら楽水ウォーターサーバーがおすすめ

水道直結型ウォーターサーバーについて触れてきましたが、当サイトでは楽水ウォーターサーバーをおすすめします。

楽水ウォーターサーバーは、レンタルもお得な費用設定ですが、7年目以降は買取が安くなると明示している点も評価できます。実際に計算したところ、確かに6年以上使えば買取が安くなることがわかりました。

料金体系
(税別)
お手軽
レンタル
工事無料
レンタル
法人・業務用に
おすすめの買取
初年度 60,000 51,000 買取価格
180,000
+
工事費
18,000
+
カートリッジ代
66,000
(6年間で22本)
2年目 42,000
3年目
4年目 36,000 36,000
5年目
6年目
累計 252,000 261,000 264,000
7年目から 36,000 36,000 カートリッジ交換費用
1本3,000円のみ

途中解約がない限り、ほぼ、この試算表の通りなので、6年以上使うケースが想定できる場合は買取が安いと明言しているのは楽水ウォーターサーバーだけです。水道直結ウォーターサーバーでは最安値と言えるでしょう。また、ウォーターサーバーの中では、レンタルの継続率も高いことから、故障やトラブルに強く、水道直結型は安定した水の供給が出来ていると言えます。

楽水ウォーターサーバーは、問い合わせ後の電話営業や大量ダイレクトメールの送付など無いことは確認済みです。また楽水ウォーターサーバーは水道直結という特性上、ショッピングセンター等での展示形式での勧誘は実施しておらず、類似品にもご注意ください。

ウォーターサーバーは元来、一人暮らしには向かない電気製品(家電製品)と言われています。しかし水道直結型の場合、毎月の費用は定額ですから一人暮らしにもピッタリ。コーヒーやカップ麺など、サッと飲んだり食べたりしたい時は、水道直結は非常に便利です。夏場も冷水が麦茶代わりに。しかも水道直結型には宅配ボトルは一切不要ですから、宅配を装った訪問販売とは知らず、うっかりドアを開けることもありません。防犯面でも水道直結型ウォーターサーバーは一人暮らしの女性にぴったりなんです。

古い集合住宅に住んでいる場合、水道直結型のウォーターサーバーが浄水器代わりになります。築年数が古ければ古いほど屋上にある貯水タンクは清掃されてないケースもあるので浄水した方が健康のためにも安心です。水道直結の浄水機能は強力ですから、生活水を衛生的に保ちます。

水道直結ウォーターサーバーの楽水ウォーターサーバーは、最短1週間で設置できるので、初月レンタル費用が無料となるキャンペーンを存分に活かすために、早めに問い合わせ、注文がベストです。写真で水道直結工事に必要な部品が別に必要かも判断しますので、置き場所予定の写真が必要です。事前に用意しておくと設置期間も少しは早くなるでしょう。


ウォーターサーバー水道直結はレンタル費用だけで使い放題 © 2017